よくある質問

よくある質問

よくある質問

見学、問合せ等の中で、頻度の多かったものを選びこのページを作りました。この他に確認したい、もっと詳しく知りたい内容などありましたら、お問い合わせフォームからあるいは見学の折に、園長・理事長はじめ職員にお尋ねください。

4月に二才でも入園できますか?

「4月に3才になっていないが2才になり友達を求めている」「家庭の中だけではつまらなそう」そんなお母様の意見から、2015年度より地域子育て支援として、4年保育「ひよこ組」を開始しました。先生と遊ぶ、友達と遊ぶ、時には大きい組のお兄さんお姉さんの部屋にもお邪魔して、楽しんでくれています。

共働きでも入園できますか?

地域子育て支援の一環として2001年より延長保育も行っています。「なかのクラブ」と呼んでいます。早朝、延長、春、夏、冬の長期休業の期間も行っています。詳しくは資料を入園案内の資料の中の「なかのクラブのお知らせ」をご覧下さい。

私立なのに「制服」を着ていませんね?

制服が必要なのでしょうか?私たちは私学ではあるのですが、制服は子ども達の主体的、活動的な生活には必要ない、むしろマイナスが多いと感じています。

なかの幼稚園ではなぜ給食でなくお弁当なのですか?

お母さんにお手数をかけるお弁当なのです。3才~5才の子ども達、まだまだ個人差の大きな時代、全員が同じ物を毎日食べるなんて無理がある。その子にあった食事を用意できるのはお母さんだけと考えています。

なかの幼稚園では自由な時間が多いのはなぜですか?

子ども達には自由な時間が必要なのです。自ら発見する、自ら行動する。そうしたことを大切にしたいと考えています。

遊びばかりで授業はないのですか?

遊びと活動 なかの幼稚園では、クラスの仲間が同じことに取り組む、全員で一つのことすることも大切にしています。(授業でなく活動と呼んでいます。)そして、幼児という時代、教科書や授業で学ぶのでなく、友達と交わり、自ら進んで始めた遊びの中にこそ多くの、そして大切な「学び」があると考えています。なかの幼稚園は遊びを大切にしています。

文字を教えたり、英語の指導をしないのはなぜですか?

「文字」「英語」という前にもっと大事なことがある。「右、左」「上、下」など空間を抽象的に認識出来ていないこの年齢の子ども達に、全員同時に文字指導をするといったことは好ましくありません。また日本語を正確に使いこなしていない子ども達に違う言語を教えることには賛成できません。

なかの幼稚園では何を大事にしているのですか?

子ども達には、豊かな環境とゆったりした時間を大切にししたいと考えています。ご家庭には、園でのお子さんの様子(仲間と遊んだり活動したり)を伝えながら、ご家庭と園とで共にお子さんの成長を見守っていくことが大切だと考えています。

延長保育はあるのですか?

2001年1月から延長保育も行っています。「なかのクラブ」と呼んでいます。

幼稚園の経費は?

入園時に約100,000円、月々の経費に約25,000円ほど掛かります。(幼稚園に入園された方には八王子市から「入園補助金」八王子市と東京都から所得に応じた「就園奨励費」の補助金が受けられます。)