なかの幼稚園ブログ

なかの幼稚園ブログ

味噌づくり 陽だまり食堂

今日は、味噌づくりの日でした。 なかの幼稚園では、お母さん方がサークルとして「伝統食 陽だまり食堂」で年に数回食に関するイベントを開催してくれています。(春の草もち、夏の梅干し、冬の味噌づくり、は園長なども手伝ってます) その中の、「味噌づくり」 DSC_0526 子どもと一緒に、の方も、大人だけで、の参加の方も。初めての方から、お兄ちゃんお姉ちゃんの時からでもう手慣れた方まで。ホールで和気あいあいと作りました。 DSC_0524 道具は各自持ってきてもらうのですが、材料は「陽だまり食堂」の方と幼稚園で準備。 豆、塩、麹。 道具は、保存容器・ボウル・豆をつぶすための道具(瓶が写っていますが、瓶の底を使うのも結構やりやすいんです) DSC_0523 なんといっても、麹です。 卒園生のおじいちゃんというか、幼稚園の知り合いの方が手作りしてくださる味噌用の麹。なかなかの貴重品です。 DSC_0520 DSC_0522 釜で煮て、乾燥大豆一キロ分を量り(だいたい、煮豆の2,4キロくらいになります) 後は各自で豆をつぶして、麹と塩をまぜて・・。と作っていきます。 DSC_0525 手作業で豆をつぶすのが結構大変。でもこれが終われば、あとは混ぜるだけ。 保存容器に詰めたら、持って帰って、寝かせて、おいしくなるのを待つばかり。 DSC_0521 いつも、準備や手配をしてくれる、「陽だまり食堂」の皆さん、ありがとうございます! (赤と緑のバンダナをしているのが、メンバーの方。これは、参加者がまだ来る前の準備の様子です) それと、そんなお母さんを支えて、長い時間園庭やお家で下の子どもたちを見ていてくれているお父さん・お家の方も、ありがとうございます。そこを見ていて下さるのって、素晴らしいな、と思います。   今年は、おまけで幼稚園のさつま芋の残りをかまどで焼き芋にして、片づけが終わって食べました。・・と、思ったら、出てくる、出てくる、陽だまり食堂の方たちの手作りお菓子。朝も早くに準備に来ていたのに!ビックリでした。ごちそうさまでした。