なかの幼稚園ブログ

なかの幼稚園ブログ

夏休み明け せみ

夏期保育で、元気に来てくれた子がたくさん。どの子も、ちょっと大きくなったような気がします。 さて、今年は夏休み中、セミの鳴き声が目立ちました。例年より合唱が大きい。 と思っていたら、当園して早速門の横の桜の木にセミが止まっていたのをみつけたそら組さん。クラスの子たちが集まって、どうやって捕まえよう・・と考えだしました。 「つかまえればいいよ」「○○君だよ」(背が高い子なら届く?ということ) 「とどかないよ」「これもってくればいいよ」(台をひっぱってくる) 「それでもとどかないよ」「先生が肩車すればいいよ」 やってみる「どう?」「とどかない」 「肩車して、それ(台)にのればいいよ」 「こう?」    届いた! IMGP7796     IMGP7797 「つかまえた!」       ↑桜の木と、子どもが持ってきた台 子ども達だけで、どんどん考えているのは、さすがでした。担任の先生も、ひょいと肩車、さすがでした。 このあと、捕まえたセミをみんなで見て、また「なんて言ってるのかな?」「はなして!(って言ってるんだよ)」「・・・。(しばらくして、はなす)」というドラマがありました。