なかの幼稚園ブログ

なかの幼稚園ブログ

預かり保育 なかのクラブ おやつはなあに?

なかの幼稚園の預かり保育は、「なかのクラブ」という名前です。 いつものクラスが終わって、さようならのあいさつをしたら、その日「なかのクラブ」の子は、なかのクラブの部屋に荷物を置いて、その部屋や園庭などで遊んですごします。 3時を過ぎると、おやつもあります。 「おやつ♡」というのですが、市販のお菓子の確率はちょっと低くて、芋掘り後は「ふかしたお芋」冬は「りんご」や「おもち」などが出ることが多いんです。「え~お菓子じゃないのぉ~」という子どももいますが、おやつはお菓子とは限らないんです。 DSC_2185 DSC_2183 先日は、園のさつま芋を、先生がスイートポテト風にお菓子にしました。 DSC_2188 DSC_2189 外のベンチで食べたりもします。誰がいるかな?の点呼も兼ねて、みんなが顔を揃えました。   今日は、「おにぎり」の日でした。   DSC_4554 ご飯を自分の手で握って、おにぎりにして食べます。 DSC_4543 こどもは「やった!」の子と「おかしがいい~」の反応に分かれますが、私(園長)としては、誇らしいメニューです。子どもの体にはいいけど、はっきり言って準備は面倒。これを支えてくれるなかのクラブの先生たちのおかげで実現できているメニューなので、手前味噌ですが、「おやつにおにぎりが出るって、ステキでしょ!」といいたいのです。 DSC_4552 ご飯食べて、もう一回元気に遊んで、お迎え待ってます。