なかの幼稚園ブログ

なかの幼稚園ブログ

全身全霊

IMGP7316

砂場でご地をを作っていたら、大きなアリが現れました

DSC_4409

まず捕まえてみた。すると他のアリも見えてきて、何匹か飼育ケースに入れました。
翌日もまた集まって、今度は「ありは何を食べるんだ?」そこで絵本を見たら、そこには死んだ蜂を運ぶ「ありの絵」が・・・「蜂」よりによってそんな過激な獲物を・・誰が

 

 

DSC_4408

子ども達はパット立ち上がって「蜂か!」と捕まえに行きました。ついたところは総合遊具の前。そう、花壇ではなく、なぜ?それでもここには「蜂か!?」どうかわかりませんが小さな虫が飛んでいる場所。⇒みんなよく知っているんです。
そこで二人の先生飛んでいる蜂(らしきもの)をシャベルとお皿でパチン、なんと仕留めてゲットしました。

DSC_4411

早速その蜂(らしきもの)を飼育ケースに入れてのぞき込む子ども達

この様子に意味や教育的意義をつけるなら、「知的好奇心と集中力!」とか「理科的な知識を身に着ける」とかとなるのでしょう。
それよりなにより「何だろう」と思ったことを確かめてみるって、楽しいんだ、そんなことを体全体で感じてくれているように思いました。
園長 高橋詩子